トイレの交換は水漏れトラブルがきっかけになるのか

トイレの交換にはタイミングがあるといいます。見た目もキレイだし特に交換の必要がないと思っていても、水漏れなどのトラブルがおきれば交換時とも言われています。どのタイミングで交換すればいいのかこの機会に知っておきましょう。

■一番の目安は寿命がきたとき

水漏れのようなトラブルは色んな原因がありますが、トイレそのものの寿命がきたときが交換時期と言われています。ここで気になるのは寿命がどのぐらいかということですが、一般的にトイレは陶器で出来ているので、本来であれば壊れない限り100年以上の耐久年数があります。ところが、トイレは毎日使うものなのでそれが負担となり、ひび割れなどのトラブルが生じてしまいます。
使われている部品や配管などの寿命も20年ぐらいと言われているので、トイレの交換の目安は20年前後が目安になるでしょう。もちろんこれは一般的な寿命なので、使う頻度が少なく負担が少なければもっと寿命が長くなりますし、逆に使用頻度が多ければ寿命が短くなることも考えられます。寿命のタイミングで交換するか、それとも今よりももっとトイレ空間を快適にして使いやすくするかどうかで判断するといいかもしれません。

■昔のトイレと今のトイレはどう違う?

昔に比べていまは表面加工に大きな違いがあることが分かっています。かつては表面に特殊な加工が施されていないものがほとんどだったので、表面に空いている小さな穴に汚れなどが溜まっていくことで、黒ずみが残ったり汚れが落ちにくくなるなど老朽が早かったのです。ところが現在は汚れがつきにくい表面加工が施されているので、耐久年数も長くなりました。


■まとめ
トイレの交換の目安をある程度把握しておけば、水漏れのような大きなトラブルが起こる前に早めに対処できるかもしれません。今よりももっと使い勝手を良くしたいと思ったときも、トイレの交換を検討してみてはいかがでしょうか。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ